カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
RSS
 

五郎島金時いもアイス

世界初!!加賀野菜の焼き芋アイス
五郎島金時いもアイス
たっぷりと五郎島金時イモを練りこんだお取り寄せです。

■五郎島を抜きにして焼きいもは語れない
甘さはスッキリと芋の風味はふんわりと残り後を引く味わいのアイスです。
サツマイモといえば、薩摩より青木昆陽によって全国に広まったと教科書に出ていますが、金沢のさつまいもの歴史は古く、元禄時代(1700年頃)に金沢市五郎島の大百姓の太郎右衛門が薩摩の国から種藷を持ち帰り、その栽培法を伝授したのが始まりとされています。

このサツマイモは「五郎島金時」と呼ばれ全国ブランドとして有名です。日本海に面した砂丘土壌は通気性に富むため甘味が強く、筋が少く、近江町市場でいう、日本一の「コボコボ」して美味しい。つまり、水分が少なくてクリのようにほくほくし甘みが際立っている。一度食べたら忘れられない味です。
このサツマイモを使って、おいしい店は焼きいもアイスを作ったのです。

kintoki00061.jpg

内容量
  1P (2000cc)
賞味期間
  30日

五郎島金時いもアイス

価格:

4,800円 (税込)

[ポイント還元 48ポイント〜]
購入数:

在庫

2個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません

【店長からひとこと】

いま日本中で地方特産の野菜が見直されています。
一番は京野菜ですが、次には加賀野菜がトレンディーだそうです。
実際、売上もここ数年右肩上がりで、首都圏のデパートでも取扱量が急成長しています。その加賀野菜の中でも有望なのが「加賀レンコン」「金時草」そしてこの「五郎島金時イモ」です。珍しさだけでなく、十分味の面で全国に勝負できる野菜です。
この加賀野菜を使った、世界初のアイスのおとりよせ!! これが「五郎島金時アイス」です。
金沢の料亭と神戸のジェラートとのコラボレーションで生まれた幸せの逸品です。
ウィブマスター・のぶチャンです。
職人のこだわり ★★★★
★★★★
価格メリット ★★★★
感性 ★★

金沢市  女性  「時には贅沢気分」
地元金沢に住んでいてもなかなか味わうことができないものを、手ごろな価格でお取り寄せできる所が良いですね。
ネットにしかない、どこにも売っていないようなものを色々チョイスして幅広くやっていただけたらと思います。
また、ちょくちょく覘かせていただきます。地元の食材で時には贅沢気分を味わえるのって良いですね。

石川県  女性  「普通のアイスが食べられない!」
五郎島金時アイス、ありがとうございます。 とってもおいしくて家族全員で食べてます。
これでは舌がこえてしまって、普通のアイスは食べられなくなりますね!!
他にもたくさんの 「美味しかった」 との声を
いただきました。
お取り寄せの「五郎島金時イモアイス」のお客様の声、全文はこちら

おいしさの秘密

◆ 金沢の料亭と神戸のジェラートのコラボレーション
kintoki00042.jpg

ある日、金沢の料亭の調理長から言われました。

「のぶチャン、お宅のこだわりアイス美味しいネ」
「ありがとうございます。あの特別に作ってもらっている神戸のアイスクリーム屋のおっちゃんは、まっとうな仕事をする人で、「美味しくない素材は作らん!」って、いうのが主義ですから」
「いいね?。本物趣向だネ」
「それはそうと、加賀野菜って、もはや全国ブランドだよネ」
「そうですネ。東京でもブレークして、イタリアンでさえ結構使っているみたいですヨ」
「加賀野菜のアイスって作れない?」
「( ̄◇ ̄;)エッ 加賀野菜の?」
「パンプキンやキャロットのアイスもあるから出来ない事はないよ d(^-^)ネ!」
「確かに」
「世界初の加賀野菜のアイス! どうこれ!」
「美味いかどうかが、問題ですよネ」
「それはあなたと私で美味い物を作るの!」
「神戸アイスクリーム屋のおっちゃんがウンいうかナ??」
「加賀野菜って美味しいかいナ?」
「そもそも加賀野菜ってなんやいな!」 
って言われそうですヨ」
「バカやナ~。神戸におって時代に後れるな、って言ってあげまっし」(金沢弁: 言って上げて下さい の意)
「分かりました。世界初は魅惑の一言ですよね」
とらぬ狸の皮算用といいますが、世界初という甘い言葉に騙されました。

◆ イモは焼けば甘くなる

それから美味しい五郎島金時いもを作ってくれる農家を探し、拝み倒す事から始まり、神戸アイスクリーム屋のおっちゃん、料亭の調理長、その農家のアンちゃんとのコラボレーションが始まりました。



これが加賀野菜、五郎島金時いも
加賀伝統野菜
育成に最適な砂丘地で育った美味しいさつまいもです。
甘味が強く、筋が少ないので細いところまで食べられます。

金沢と神戸の往復、作りなおしの連続、構想から完成まで一年、最初は、イモを蒸して作ってみました。これでは香りと甘さが出ない。不自然な甘さは足したくない。本物の甘さを提供したい。
ふと思いついたのが、「木枯らしの中の焼き芋屋」
イモを焼けば甘くなる!!!

イモを230度の遠赤外線 で40分から50分焼き上げる。大きな芋なら1時間以上かけてじっくりと焼く。やっと満足のいく美味しいものが出来上がりました。

◆ さつまいも天国 五郎島
注目の加賀野菜の五郎島金時の産地は、金沢の五郎島にあります。
だからは、五郎島金時イモなんです。金沢市北部、日本海側の砂丘地にあり、砂の粒は小さくもなく、大きくもありません。実はこの何でもなさそうな砂の大きさが、美味しさの秘密なのです。
京野菜にもいえることですが、同じ苗を使っても別な場所で作ると、全く違うイモになってしまいます。五郎島金時の苗を育てるからではなく、五郎島金時の苗を、五郎島で育って、初めて五郎島金時になるんです。
粒子が大き過ぎると土が乾燥しやすくし、粒子が細か過ぎると通気性が悪くなる。適度な大きさの砂粒が通気性や保水性を良くし、さつまいもの味の決定的な違いとなります。
五郎島金時が美味しいのは、この最良の土壌で元禄時代から300年の長きに渡り培われてきた栽培技術によるものです。

お召し上がり方

そのままお召し上がり下さい。

箱を開いていただくと、箱の内側にはカットしやすいようにカット線が引いてあります。この線にしたがって切っていただくと角のしっかり取れたキレイなアイスが出来上がります。



◆ 手間を惜しまず、自然の力を引き出す

私どもへ原料を供給してもらっている農家の方に聞くと、「こだわりは、収量をたくさんとらない事。」
普通の収穫の2/3位に押えると、味がぎゅーっと凝縮するそうなんですって。

「太ったイモは、おいしくない」ですって。

しかも、一般的に使われている、地温を上げるためのポリエチレンのシートを使わない。栽培時間が150日から100日へと短く出来るハイテク?だけど、じっくりと自然の力で昔のまんま、お陽さまと土のチカラだけで育てたほうが、ひとつひとつが美味しくなるんですつて。

手間を惜しまず、基本に沿って、自然の力を引き出すことが、日本一といわれる五郎島金時の栽培の秘密なのです。
このおとりよせの商品はドライアイスを入れて 「クール便の冷凍」で発送いたします。

「保存方法」と「賞味期限」
到着後は、すぐに冷凍庫で保管を、お願いします。
他の冷凍の商品としか一緒に送ることが出来ません。
詳しくはご連絡下さい。

【店長から二言目(^。^/)ウフッ】

雑誌・金沢に掲載された五郎島金時アイス
雑誌「金澤」でも
金沢ピカイチ辞典で
紹介されました。
2004年11-12月号
ピカイチの五郎島金時アイス
家庭用にも贈り物にも最適な食品
おすすめのアイテムを厳選してご紹介します
いくらでも食べられ飽きのこない五郎島金時アイス
五郎島金時芋の甘さが後を引く
料亭御用達のアイス

冬にいただく焼き芋がなぜ美味しいのか知っていますか?
外が寒くて焼き芋がアツアツだから。
違います!!

冬を経験した五郎島金時は、ぐ~っと糖度を増し美味しくなるからなのです。
そうです。「ひと冬の経験」を経験させる事が、美味しさの秘儀なのです。

秋に収穫されたイモを、34度の保温貯蔵庫に入れて72時間置きます。すると、イモは表面にコルク質のバリアーを作ります。これを顕微鏡で確認し、次は13度まで一気に下げます。イモは仮死状態になって鮮度を維持し、かつ糖度が上がり美味しくなります。

これが「ひと冬の経験」なのです。

サツマイモに限らず昔の農家の人は、冬の間、庭先の雪の下に多くの野菜を埋めておきました。
テレビなどで冬の間、雪に閉ざされた農家で、大根などを雪の中から取り出している様子を見たことがある人は多数おいでると思います。
あれは冷蔵庫の代りだけではなく、美味しくなる自然の宝箱だったのです。「昔は冷蔵庫もなく、大変ネ。ではなく、昔は美味しくなる魔法の宝箱があっていいワ~d(^-^)ネ!」なのです。
(o^-^o) ウフッ

 原材料 : 五郎島金時イモ・牛乳・生クリーム・砂糖・ぶどう糖・脱脂粉乳・安定剤


ご紹介いただいたマスコミ様
rurubu014.jpg

るるぶFREE金沢・夏号に五郎島金時芋アイスが紹介されました。

石川ご当地アイスセレクト20に五郎島金時芋アイスが選ばれました。

おいしい店の掲載記事・全リストはこちらから

mises0032.jpg

婦人雑誌「ミセス」に五郎島金時芋アイスが紹介されました。

世界初!!加賀野菜のアイス!!日本海に面した砂丘土壌は通気性に富むため甘味が強く、筋が少く、近江町市場でいう、日本一の「コボコボ」して美味しい。つまり、水分が少なくてクリのようにほくほくし甘みが際立っている。一度食べたら忘れられない味です。 

おいしい店の掲載記事・全リストはこちらから

DSC03294.JPG 福岡のテレビ番組「ももち浜ストア」に 五郎島金時いもアイス が紹介されました!

このさつまいもは「五郎島金時」と呼ばれ全国ブランドとして有名です。金沢の料亭と神戸のジェラートとのコラボレーションで生まれた幸せの一品です☆

おいしい店の掲載記事・全リストはこちらから

   
ノエビアの情報誌のおすすめスイーツとして「五郎島金時アイス」が紹介されました。
ノエビアの美にこだわる情報誌・夏に食べたいおすすめスイーツとして「五郎島金時アイス」が紹介されました!

2008Summer号にて、「金時いものほっくりした甘味は一度食べたら忘れられない!」と五郎島金時アイスが紹介されました。

おいしい店の掲載記事・全リストはこちらから

 
京都・滋賀の人気タウン雑誌・Leafに五郎島金時アイスと紅玉シャーベットが紹介されました。
京都・滋賀の人気タウン雑誌・Leafに、金沢のビューティスイーツとして五郎島金時アイスと紅玉シャーベットが紹介されました!

2008Summer号にて、「金時いものほっくりした甘味は一度食べたら忘れられない!」と五郎島金時アイスが紹介されました。
紅玉シャーベット紅玉シャーベット小箱はこちらから。

おいしい店の掲載記事・全リストはこちらから

 

 
「TOKYO1週間」に 、おいしい店の「紅玉アイス」が紹介されました。
「TOKYO1週間」に 、おいしい店の「紅玉アイス」と「五郎島金時アイス」が紹介されました!

真夏のBOOMグルメ!大特集にてセレブアイス特集。T★1グルメ鑑定団も絶賛の高級セレブアイス" 紅玉(リンゴ)をシャーベット"と五郎島金時アイスは、おいしい店で!
紅玉(リンゴ)をシャーベット紅玉(リンゴ)をシャーベット小箱はこちらから

おいしい店の掲載記事・全リストはこちらから

   
「TOKYO1週間」に 、おいしい店の「五郎島金時アイス」が紹介されました。
Hanako 野菜が自慢のレストラン野菜をもっとおいしくするベジタブル・トレンドで五郎島金時アイス が紹介されました!

2007年7月12日号のHanakoにて五郎島金時アイスが「ほっくりとした甘さが特徴の焼き芋アイス」紹介されました。

おいしい店の掲載記事・全リストはこちらから

   
石川テレビ「ほのぼのマンデー」で五郎島金時が紹介されました。 2005年7月11日の 「石川テレビ・ほのぼのマンデー」で五郎島金時アイス が紹介されました!

加賀野菜の五郎島金時イモを焼き芋にして、金沢の料亭とコラボレーションしたアイスが紹介されました。もちろん「おいしい!」と大好評でした。

おいしい店の掲載記事・全リストはこちらから


ページトップへ