カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
RSS
 

黒糖・わらびもち(わらび餅、蕨餅)

口いっぱいに広がる黒糖の香りと、プルンプルンがたまらないわらび餅
黒糖・わらびもち(わらび餅、蕨餅)
口に入れればプニュプニュの食感と黄な粉のほのかな甘さ、後から黒糖の味が、ズカーン口に広がるわらび餅です。

■夏の人気メニューわらび餅(わらびもち、ワラビ餅)に新バージョン
町内会の夏祭りや幼稚園のバザー、高校から大学の模擬店にも大人気のわらび餅に新タイプの登場です。

以前からわらびもちに黒蜜つて、かけるのめんどくさいので、黒蜜味ありませんか? との問い合わせはあったのですが、なかなか黄な粉と黒糖のバランスが難しくて売り出すのを躊躇していました。
でもやっとバランスよく、翌日食べたほうが「なじんで美味しい〜」位に美味しく仕上げることができました。

この黒糖わらびもちは、ふつうのわらび餅と同じように、1Kで黄な粉をまぶした状態で70ヶ前後入っています。冷凍ですが一個一個取り出すことが出来て、食べる分だけ取り出せる使い切りタイプ! しかも、溶かして一日たってもべとつかずプリプリ!

豆知識 : 「わらび餅(わらびもち、蕨餅)」とは、ワラビの茎から採ったデンプン質を粉にしたものに水と砂糖を入れ練り上げてつくった物で、透明感とプリプリ感が信条のモチに黄粉をまぶして食べる物です。

内容量
 1K
賞味期間
  30日

黒糖・わらびもち(わらび餅、蕨餅)

価格:

1,600円 (税込)

[ポイント還元 16ポイント〜]
購入数:

在庫

2個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません

【店長からひとこと】

わらび餅だから黄な粉がついている、との先入観を捨ててください。わらびもちのプリンプリンした食感こそが一番大切だと気づきました。

普通の製造方法で黄な粉をまぶすと、口の中で黄な粉が水分を含み、口の中は黄な粉の味ばかり、これはこれで美味しんですが、その後に来る黒蜜の黒糖の味がぼけてしまうんです。

そうなんです。ない方が黒蜜・黒糖がストレートで美味しいんです!ウィブマスター・のぶチャンです。

わらび餅のプレーンは、こちらです。

職人のこだわり ★★★
★★★
価格メリット ★★★
感性 ★★★
評価の方法



  どれだけ食べてもまったくあくことがないのよネ。わらび餅って。
解凍して冷蔵庫にしまってあるのに、いつのまにか冷蔵庫の扉をあけてしますのヨ。ほんとうに罪なお菓子よネ〜。
わらびもちのプレーンも、もちろん美味しいし、黒糖も美味しいワ。ベストの組み合わせは、プレーンが2に対して黒糖が1k割合ネ。これが一番。

私は、わらび餅とアイスクリームを一緒に食べるのが一番すきなのネ。うちの人は、最初はアイスクリームと一緒に食べるのを嫌がっていたくせに、いまでは必ず一緒じゃないと( ̄Σ ̄;)奥さんで?す。ブー( ̄Σ ̄;)ブーいうのよ。ぶーは、あなたの体型なのよネ〜。
昔はスリムで素敵だったのに。  ( ´△`) あ〜あっ〜。

 
 

おいしさの秘密

◆ 店長から一言のつづきです。

そこで最初に考えたのは、黒蜜とわらび粉だけで作って、まわりに黄な粉をつけないで作ることでした。作ってみて、試食すると、すご〜く美味しい!

思ったとおり、口に入れても粉っぽさはなく、最初から最後まで純粋の黒蜜の味! プニュプニュの食感がまた一段と美味しい。

しかし、問題が発生! しかも致命的な問題が。

作り立てを食べないで少し置いておくと、わらび餅がお互いにくっつきあってダマになってしまうんです。まるでスライムみたいに、形の変形のおおきな団子になってしまうんです。
これを翌日到着する全国にむけて送るなんて、全く不可能。作り手だけが、その瞬間に楽しめる失敗作でした。

これはダメだということで、わらび餅がお互いにくっつきあわないように、黄な粉の代わりに「無味・無臭のある秘密の粉」をまぶすことにしました。これはいい感じで黒蜜もストレートに味あうことができました。

だが、残念なことに、本当に残念なことに、うちの嫁さんを代表に、うちの女性スタッフ全員からダメだし!  [▽ ̄ ̄ ̄ ̄;)ゲッ!! !

理由は、「かわいくない〜!」との事で。私にはまったく理解できません。しいて納得できるのは、「わらび餅の周りが秘密の粉でくすんでいて、わらび餅らしくない」とのこと。これも後から無理やり作った理由のような気がするのですが・・・。
まあ、感性の女性が言うことなのでこれもシッパイシッパイ(・_・ゞ-☆

そこで原点に戻って、黄な粉と糖分の割合と黒蜜の濃度を変えて何度も作り直しました。その成果が、この黒糖わらび餅です。

完成品を見た瞬間、女性スタッフ全員が「美味しそう〜」 「これなら売れます〜」

ウーン (Θ_Θ;) 

「食べてもいないし、見た目は、あまりいままでのわらび餅とは変わらないのに・・・・・。女性の感性は素晴らしい!」ですよネ。

kokutou-warabi06-2.jpg
一度、黄な粉をはずして、ストレートの黒糖わらび餅をお試しください。

わらび餅(わらびもち、ワラビ餅)というのは、本来、ワラビの粉だけで作るのですが、これが貴重品で1キロで一万五千円以上します。 あまりにも高いので、これに他のデンプン質を加えて作られています。本物のワラビ粉がたくさん入っていればいるほど、おいしいわけです。

 warabiset02-1.jpg


         わらび餅のプレーンと一緒に、黒蜜わらび餅も、盛り込んでみました。

   わらび餅のプレーンは、こちらです。


◆ 特徴はなに?


冷凍保存で長期保存を実現!
いつでも出来立てをお楽しみになれます。
クール便でのお届けになります。

一般に市販されている わらび餅(わらびもち、ワラビ餅)に比べれば、ほのかな甘さが口に心地よく、餅自体の透明感と食感のプリプリ感 (うちの奥さんに言わせるとムニュムニュ感) が涼しさを呼んできます。
黄粉をまぶしてありますので、そのままお召し上がりになれます。

写真を見ていただければ一目瞭然ですが、スーパーで買ってきた 「わらび餅(わらびもち、ワラビ餅)」 は、黄粉をまぶしておくとだんだんと水分を吸いベチャついて、食べる気もしなくなります。
その点おいしい店の 「わらび餅(わらびもち、ワラビ餅)」 は、製法特許の方法でこの欠点をカバー! 1日置いてもべたつかず、いつでも作りたてのおいしさがお楽しみになれます。
一番おいしい召し上がり方は、冷凍のままお好きな数だけパックから外し、冷蔵庫にて解凍し、そのまま冷たくしてお召し上がり下さい。パックからは簡単に必要量が取り出せます。

お召し上がり方

そのままお召し上がり下さい。 
黒蜜をかけていただいても一段と美味しいです。

私は黄な粉を洗って落として、アイスクリームと一緒にそのまままお召し上がりになるのがお勧めです。

回答方法は、必要な量だけ取り出し、空気にふれないようラップに包むか袋に入れて冷蔵庫で解凍するのが一番美味しく戻す方法です。 

豆知識 : わらび餅(わらびもち、ワラビ餅)は、もともと、奈良県が発祥の地ですが、全国に普及してそれぞれ各地方ののバージョンが出来上がっています。 たとえば京都風わらび餅(わらびもち、ワラビ餅)は、アンコを包みまるく饅頭のように作りあげた物が一般的です。

 

「保存方法」と「賞味期限」

商品到着後、わらび餅(わらびもち、ワラビ餅)は、冷凍庫(マイナス15度度以下)にて保存して下さい。
冷凍保存で30日の保存期間
解凍後は、お早めにお召し上がり下さい。

 

【店長から二言目(^。^/)ウフッ】

理屈抜きに、何にも言わずお召し上がり下さい。  すぐにまた、冷凍庫から出してきて食べたくなります。

注意点があります。

解凍したわらび餅(わらびもち、ワラビ餅)を再凍結しないで下さい。
餅自体が固くなり、黄粉もベチャつくようになります。
食べれないという事ではありません。 ですが、私達はお客様に、常においしい物を食べていただきたいのです。


発送の翌日着の地域のお客様には、他の冷凍・冷蔵商品と一緒に混載して送ることも出来ます。 詳しくはご連絡下さい。

  原材料 : 本ワラビ粉・澱粉・砂糖・黒糖・トレハロース・麦芽糖・きな粉(大豆)・寒天

ページトップへ