カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
RSS
 

能登くり

甘さが違う、大きさが、色艶が違う栗
能登くり
能登くりは、1Kで30〜38粒の大きさです。 



■秋はクリの季節です。
日本の、いゃ〜北陸の秋には、本当に美味しいものが多数あります。
底引きが始まりカレイでしょう。のど黒でしょう。こしひかりもありますし、山には、能登松茸に幻のキノコ・あみたけでしよう。そして能登でピカイチなのは、市場に出ない、つまりJAなどを通さない極上の栗があるのです。

内容量  1kg
賞味期間   7日

能登くり

価格:

2,800円 (税込)

[ポイント還元 28ポイント〜]
購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません

【店長からひとこと】

一年間で2週間程度の期間限定のおとりよせです。(例年9月14日前後から収穫が始まり10月の第一週で終了です。)
今年は夏が天候不順だったため収穫時期は遅れていますが、ご注文をいただいた順番にお送りいたします。その為、到着希望日に添えない場合もありますので、ご了承下さい。

いままで実店舗だけの販売でしたが、今年から当サイトでも販売する事にしました。

この栗はすごいですよ〜。
何がすごいって、まず大きさ、1Kで30〜38ケですので、市場にはめったに出ない3Lの大きさです。全収穫量のわずか20分の1、全体の5%の量しか採れない貴重品です。ウィブマスター・のぶチャンです。
その甘さ、色艶も格別です。その為、業務用の必要量の別枠を用意するのが大変だったのです。

 

職人のこだわり ★★★★
★★★
価格メリット ★★
感性
評価の方法

おいしさの秘密

■ 栗と名月

栗は古くから日本の食文化で、秋の味覚としてよく知られています。
また秋といえば、十五夜(旧暦8月15日)の中秋の名月が真っ先に思いつきます。この日の夕方には、薄(すすき)と団子、芋などを供えて月の出をまちますネ。

そこに芋を供える事から別名芋名月ともいいますが、実は日本にだけは、後の月見(のちのつきみ)といって、十三夜(旧暦9月13日)にも月を愛でる習慣があります。その日は芋に代わって栗が供えられます。そのため十三夜は栗名月ともいわれます。その事から、古くから秋の名月とともに栗が日本人の感性を揺すぶっていた事が実証できます。

■ 自然との融合

さて能登半島の先端の輪島は目の前には日本海が広がり、振り返ればすぐ傍まで山が迫っています。かつては日本海の底に沈んでいた能登半島の土壌にはたっぷりの海のミネラルが含まれ、日本海からの潮風が朝晩の気温の寒暖差を生みだしています。

私どもがお届けする栗の農園は、車では行けない山の中のまた山の中、携帯電話の電波も届かないところにあります。

そこには、自然の肥料である腐葉土が何百年と積もり積もり、1m近くの層となって堆積しています。ここに我々の栗の木が育ち根づいているのです

・もともとの土壌の良さ
・朝晩の寒暖さ、
・分厚い腐葉土、
・そして手をかける人間の手間、

これらの要素が絡まりあい、他では味わえない大粒で、色艶がよく、甘味のある栗が出来上がるのです。
鮮度のよい状態でお届けされる大粒の栗は、栗ごはんや栗のお菓子などにしても特別の美味しさです。
 

notokuri002.jpg 栗は完熟して落ちた栗を拾って、
毎日出荷されます。


■ 三種類のくり

栗の品種は大きく早生、中生、晩生の3種類に分けることができ、当サイトの能登栗もお客様に少しでも長く味わってもらうために収穫の時期にあわせて、順番にお送りいたしますのでうまくお取り寄せいただければ、三種類の栗を楽しめる事ができます。

少し専門的になりますが、9月の第二週から、10月の頭まで、品種的には「丹沢」→「伊吹」→「筑波」と移り変わります。

「丹沢」は、  能登くりでは一番最初に出荷され、甘みと香りは控えめですが、栗の渋皮煮や栗をまるごと使うお菓子作りに向いてます。全国的には8月下旬頃から店頭に並ぶ早生種の代表がこの「丹沢」です。

「伊吹」は、 シーズンは9月3週から4週にかけ出荷され、甘味は中程度です。

「筑波」は、 9月の第四週から出荷され、果実の貯蔵もしやすく甘みも多く香りもよく、日本で最も広く栽培されている品種がこの「筑波」です。

一般に日本の栗は、中国の栗と比べて、渋皮がむきにくいという特徴があるといわれています。渋皮がむきにくいことから、中国栗などのように焼栗には向きませんが、日本の栗は、中国に比べて、果肉のやわらかさや、果実の大きさなどの点については優れているといわれています。

と、ものの本に書かれ、われわれはそれを鵜呑みにしますが、実は当サイトの能登栗は早朝収穫したものがその日の夕方に金沢に入ってきます。

そこで初めてすごい発見をしたのです。

採れたての栗の鬼皮は、とってもむき易い! と、いうよりこの能登栗は鬼皮が薄い、だからむき易い。しかも渋皮が薄く、水で洗えばすぐに掃除が出来てしまうくらいの優れものです。

いままでは八百屋のオッちゃんが汚い雑巾で栗を磨いて色艶を出しているのをよく見ていましたが、実は、採れたての能登栗は、とっても艶々しています。

いままで見ていた栗は何だったの?     そんな感じです。
 

お召し上がり方

常通り、お願いいたします。

詳しい栗のレシピは、大手食品メーカーのサイトに詳しく出ています。
参考のため記載いたしますネ。

キッコーマン 

栗ご飯、木枯茶飯(きがらちゃめし)、ぎんなんの炊き込みごはん、豚肉と栗の煮物、栗きんとん、栗蒸し羊羹、栗渋皮煮、レンジで作る栗きんとん レモン風味、栗入りぜんざい、栗のパウンドケーキ、マロンようかん、栗の抹茶ミニロールケーキ、里芋と鶏手羽先のオイスターソース煮、鶏肉と栗の中華煮、中華おこわ、

味の素

焼き栗ご飯、まいたけ・栗入り混ぜご飯、鶏手羽と甘栗のうま煮 、鶏と栗のビネガー風味 、栗のポタージュ、マロングラッセのリングシュー、マロンプディング、栗茶巾、栗のポタージュ、マロングラッセのリングシュー 、マロンプディング、栗茶巾

 

notokuri003.jpg能登半島は、目の前には日本海があり
振り向けばそこには山が迫ります。
 

 

「保存方法」と「賞味期限」

商品到着後、冷蔵保存して下さい。
お早めにお召し上がり下さい。
 

【店長から二言目(^。^/)ウフッ】

能登くりなんて聴いたことがない。それが一般の人の意見だったと思います。そんなに甘さと食感がよいだけでなく、うまみも凝縮されている。もしそれが本当ならいままで私たちが知らないはずがない。

たしかに言われる事は分ります。でもそれは、生産量が極わずかだったことと、この能登栗が市場に出ていなかったからです。生産者の人はいいます。他のものと同じ扱いだったら、僕たちはアホらしくてやってられない。だから農協には出さない。

たまたま知り合って、友達になって、仕入れるようになった能登栗も当サイトの実店舗では、入荷する日を指折り数えている人たちが沢山います。

こんどの9月第二週の日曜日の結婚式に使いたいんだけど間に合わせて!

栗の実が落ちるまで待たないで、揺すって間に合わせて!

などなど、洋食・和食などの料理の枠を超え、ホテルや料亭の調理師からの指名買いが一番多い商品です。


他の冷蔵との一緒に混載して送ることが出来ます。 詳しくはご連絡下さい。

  原材料 : くり

ページトップへ