カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
RSS
 

さざえ麹漬

能登のさざえ糀漬を進化させた、さざえ麹漬
さざえ麹漬
能登の郷土料理から日本料理の代表を目指します。

■能登の保存食・さざえの麹漬
サザエは刺身、あるいは殻ごと焼いた壺焼きで食べるのが多く、特につぼ焼きは有名で、夏の浜茶屋には欠かせないものです。
江戸時代のの遺跡発掘調査でも、アワビやその他の貝類には焼き痕がないものが多いのに対し、サザエでは焼き痕のある殻が圧倒的に多く出土するとの話しから、当時のサザエの食べ方としても最も一般的なものであったと推定されます。

内容量
 1本(80g)
賞味期間
  30日

さざえ麹漬

価格:

1,800円 (税込)

[ポイント還元 18ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません

【店長からひとこと】

能登島の元村長のお母さん、すなわち当時80歳の大ばあちゃんに昔、サザエの事を聞いたところ、昔は満月の晩にひさ゛まで海に入ると、がツン、ガツンとサザエが足に当たり、いくらでも採れたと言っていました。

もうそんなことは二度とありませんが、ず〜っとず〜っと古い昔からサザエがたくさん取れたときの保存の方法として、さざえをスライスしていったん塩漬けをしてから、麹に漬け込むという料理法、保存方法が考えられたのです。ウィブマスター・のぶチャンです。

 

職人のこだわり ★★★★
★★★★★
価格メリット ★★★★★
感性 ★★★★

おいしさの秘密

◆ 日本海側すべてでつくられた、さざえ麹漬

能登に限らず、島根県にも日本海側ではわりとサザエの麹漬が郷土料理としてあるみたいです。
やはり港町の知恵なんでしょうね。麹に味噌を加えるものや茹でてから漬け込むものやらいろいろです。そもそもが漁師の家庭の料理が始まりですから、100人いれば100人の味があるわけです。
  sazaekasu0211.jpg
鮮度の良さがよく分かるアップ写真です。

◆ サザエを柔らかく戻してから漬け込む、さざえ麹漬
おいしい店のサザエ麹漬は、こりこりの食感ではなく、アワビを蒸して柔らかくしたように、サザエを柔らかく戻して、誰にも食べられる柔らかさを追求しました。

sazaekasu0122.jpg
サザエを柚子釜に盛ると、柚子の香りがサザエに移って一段と美味しくなります。

sazaekasu0161.jpg
糀のおいしさが光る逸品です。
 

お召し上がり方

そのままお召し上がり下さい。

ebisazae0061.jpg
甘えび塩辛、甘えび吟醸カス漬、さざえ麹漬の三点セットもあります。


「保存方法」と「賞味期限」
商品到着後、冷凍庫の保存で30日です。
解凍後は、冷蔵庫で7日間。
お早めにお召し上がり下さい。

【店長から二言目(^。^/)ウフッ】
能登のさざえの糀漬とは、一味違った味に出来上がりましたが、ひなびた感じから繊細さを追求しました。
お酒との相性が良すぎます。
食べ過ぎ、飲みすぎにご注意下さいネ。

* 他の冷蔵・常温の商品と一緒に混載して送ることも出来ます。 詳しくはご連絡下さい。
* 冬季など季節により普通便での発送となりますが、到着後は冷蔵保存をお願いします。

 原材料 : 赤にし貝(トルコ産)・米麹・米・食塩・増粘剤(キサンタンガム)

ページトップへ