カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
RSS
 

輪島・朝市 干物(一夜干)特集 

「おいしい干物が食べたい、新鮮な魚が食べたい」

そんなあなたに、「こんな干物初めて食べた!」 と口コミで広がるほど美味しい干物があります。
この美味しい干物を作る、輪島の朝市のお母ちゃんと話しているとおいしさの秘密がなんとなく分かります。

それは、輪島特有の醤油である魚醤(いしる)を隠し味に使っていること、美味しい塩汁で味を整えることにあるらしいのです。この塩汁製法を、料理用語でたて塩製法といいます。実は、この製法は全国各地で、伝統的干物の作り方として伝えられていますが、塩汁の管理が難しいことと、味付けのタイミングが微妙なため、熟練者が必要となり、大量生産する業者には向きません。
近代的設備で工業製品のように作っていないことが、逆に美味しさの秘密となっています。また乾燥させる時も、機械乾燥ではなく、自然乾燥で、夜の輪島の潮風が魚の身に芳醇さを増してくれます。

しかし何より重要なのは、作り手の 「美味しいものを食べて欲しい」
との、思いに他なりません。

特集

ページトップへ