カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
RSS
 

桜の花ジャム(コンフィチュール)

桜の花びらをジャムにしました。
桜の花ジャム(コンフィチュール)
桜の花を色よくジャムにしました。

■日本人の精神の象徴
桜は、日本人の心を、感性をゆする最高の食材です。
目に美しい薄い桃色の桜の花を見た時も、桜餅に使われる桜の葉の香りがした時も、日本人の心は冬の呪縛から開放され春を迎える喜びであふれてきます。
日本人が日本人として生まれた日から、ず〜つと日本人のDNAに刷り込まれてきて、平安時代には「花といえば桜」となり、江戸時代には日本人の精神の象徴となり現代に語り継がれています。

今回お届けするのは、たっぷりの桜の花をまるこど食べられるように柔らかく煮込んだジャムです。

桜の花のご注文はコチラです。
桜ご飯の作り方もゲット!!


桜の青葉、  桜の茶葉は、コチラです。


内容量
 1本(145g)
賞味期間
  60日

桜の花ジャム(コンフィチュール)

価格:

1,100円 (税込)

[ポイント還元 11ポイント〜]
購入数:

在庫

2個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません

【店長からひとこと】

桜の花(花弁)自体も葉と同じように塩漬けにすると独特のよい香りを放ち、日本料理はもちろんのこと、ハーブの一種としてスイーツとして和菓子やパン、ケーキなどの香り付けに使われています。

日本では古くから桜の花の塩漬けは、お茶または湯に入れて茶碗の中で花びらが開くことから、祝い事に使われています。婚礼や見合いなどの席では「お茶を濁す」ことを嫌い、お茶を用いずに桜湯が使われています。

ウィブマスター・のぶチャンです。

  

職人のこだわり ★★★★★
★★★★
価格メリット ★★★★
感性 ★★★★
評価の方法

おいしさの秘密

たっぷりの桜の花でジャム(コンフィチュール)にしました。
 

sakurajamu0022.jpg
春の香りが、桜の花が一杯に詰まっています。
お召し上がり方

パンに塗って、桜ジャムトースト、紅茶に入れて桜ロシアンテイー、ケーキのトッピングに使い方色々です。
もちろんシロップやゼリーの材料としてもお使いいただけます。

工夫次第で、多くのバリエーションが生まれます。
 

sakurajamu0041.jpg
 

 

「保存方法」と「賞味期限」

商品到着後、直射日光、 高温多湿を避けて冷暗所で保存下さい。
もともと、長期保存のための食品ですが、60日以内でお召し上がり下さい。


【店長から二言目(^。^/)ウフッ】

昔は、桜の花粉を飲むと健康によいと信じられていたことがあったそうで、花見には桜の木の上から落ちてくる花粉を杯で飲むという意味もあったと言いますが、さて本当に効いたのでしょうかネ〜。

* 他の冷蔵・常温の商品と一緒に混載して送ることも出来ます。 詳しくはご連絡下さい。

原材料 : 砂糖、桜花塩漬シロップ漬(砂糖・異性化液糖、桜花、食塩)、
ゲル化剤(ペクチン)、酸味料、硫酸Ca、赤キャベツ色素