カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
RSS
 

当店ご案内






 おいしい店が守りたい3つのお約束や基本ポリシーとは


 おいしい店とは?WEBマスター松本信之のご紹介


 おいしい店の実店舗のご紹介





◆◆「私たちも、おいしい店を応援します」◆◆

3つのお約束




1.当サイトの目的
厳選食材を産地仕入れし、料亭に卸しているという目利き能力を活かして、
一般の方々にも気軽に料亭気分を味わってもらい、
厳選食材や料亭情報をご提供すること。
2.当社の位置づけ


この図からもお分かりのように、忙しい料亭さんの
「仕入れ代行」が当社のミッションです。
料亭以上の目利き能力がないとやっていけない厳しい仕事です。
長年この仕事を続けることでこの能力は鍛えられました。(・Θ・;)

3.ポジショニング


4.当社の願い


5.3つの調和を大切にしたい


6.サイトの新コンセプト=3つのお約束



  

はじめての方へ

〇おいしい店ドットコムとは
はじめまして、
おいしい店★ドットコムの「のぶさん」こと松本信之です。

「品質のいいものをゆっくり食べよう」
を合言葉に1986年にイタリアで始まった「スローフード運動」が世界中に広がるはるか以前。
先代が修行を初めてから50年以上、私の店は日本中から日本料理の食材を集めて料理屋さんに納めてきました。
スローフードの本質とは、日本の食べ物、食文化を守るということ、食を通してその地域ごとに伝わる文化を見直そう、また同時に人間の生き方を見直そうという運動だと理解して、共鳴しております。
人間は10歳までに食べたものが価値判断となりその後も食べ続け、食べたことのないものには興味を示さなくなるそうです。
だとすると、人々が知らない食べ物は消えていくわけです。
先人達が長い年月をかけて作り上げてきた本物の味が消えつつあります。
このままでは日本人がもつ本来の味への繊細な感覚もなくなってしまいます。

郷土料理や伝統的な食材には、職人芸という長年育んできた貴重な文化や歴史があり、そうした食材が作られなくなると、文化や歴史そのものが消えてなくなってしまいます。
それはあまりにもったいない。

おいしい店は、そうした食文化と歴史をプロの調理師の方だけでなく、少しでも一般の方に知ってもらい、本物の味を味わってもらうべく、立ち上げたサイトです。



本物、こだわりの商品をどうぞ!
プロの料理のおいしい秘密は仕入れにあります。
普段、手に入る事がむずかしい商品をお届けします。

おいしい店が選ぶ商品は、ごく普通の人が「本当の美味しい物を食べたい」との希望に答えるべく、本物で、あまり高くなくリーズナブルで、精神的な十分な満足感をも満たしてくれる、そんな商品をセレクトしております。

☆のぶちゃんおすすめの厳選商品です☆




金沢というまちに対するこだわり
金沢の四季折々の風景や昔ながらの伝統行事、
日々変わりゆく金沢の様子をお伝えします。

金沢は京都と同じように日本の中での文化的独立国です。
そのバックグランドは、飛鳥時代より海外の窓口として渤海の使者もたびたび訪れる法隆寺五重塔より大きな末松廃寺を建てた道の君の中心地として栄えたこと。
戦国時代には「百姓の持ちたる国」として浄土真宗とともに精神世界に生きたこと。
前田利家の金沢入城とともに外様大名の筆頭としての武と必要以上の格式を保ち、文化で天下を取ろうとする、文化事業(「加賀は天下の書府なり」「加賀の文芸は江戸をしのぐ」などと人々を感嘆させた)にのめりこんだことです。
金沢というまち自体が、文化というこだわりに生きるまちなのです。


 

実店舗の紹介ページ

近江町の「おいしい店」へようこそ!!
 ※金沢の実店舗へは、午前中にはプロの調理師の方が多数来られますので、午前11時以後のご来店をお勧めします。
〇のぶちゃんより一言
繊細さと豪快さが特徴の加賀料理は、日本海と加賀平野の恵まれた海と山の幸と、この土地で育まれた独自の文化とが江戸時代から続く北前船で日本各地から集められた食材によって融合・熟成された料理です。
そのため金沢には、今でも日本中の珍しい食材が集まってきます。

このたび当店では、楽しみながら料理を作られる方の増加と、われわれ夫婦の「たくさんの人に美味しい物を食べて欲しい」という思いとの夢の掛け橋として、このサイト・「おいしい店・ドットコム」を開店する運びとなりました。
これからも宜しくお願いします。


スタッフは若い人達ばかりですが、少しでもお客様の心を汲み取り、喜んでいただけるよう、みんなプレゼン営業に勉強会に忙しく毎日走り回っています。

( ̄ェ ̄;) エッ? 私の写真が若かすぎる?
ご愛嬌です。(//・_・//)


食品卸売り専門だった近江町市場の実店舗も、2000年から始めたネット販売が好調で、購入してくれたお客様が観光で金沢を訪れた際、来店する機会が多くなってきました。

そこで一般のお客様も利用できるよう小売スペースを設けて、2006年3月から新装オープンしました。

現代は食材に限らず、いろいろなものがあふれていますが、生産者と卸し先、ネットショップの利用客を結びつけ、質の高い食文化を守ることに貢献したい。そんな風に考えています。

言うことは大きく、実現はなかなか困難ですが、志だけは大きくがんばっています。
まだまだ入りにくいでしょうが、ぜひお気軽にどうぞ暖簾をくぐって下さい!
金沢近江町店

近江町市場アクセスマップ


(詳細は画像をクリック)


以前は、近江町市場を真上から見ると「女」の形をしていました。
昔から、市場は女の物と決まっていましたが、最近は男性の姿も多く、店員とやりとりを楽しんでいる風景も目立ちます。
午前中の早い時期には良い品物を求めてプロの調理師の方が買出しに、お昼前後は観光客の方が、夕方には地元のお客様で賑わいます。

一般のお客様もご利用しやすいよう小売スペースを充実して、 2006年3月から新装オープンしました。
WEBSHOPで気になった商品をお手にとってごらんください。

蠑硝棔,硫饉匈詰

https://matumoto.co.jp/company/data (別サイトへ)

ページトップへ