カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
RSS
 

【美味しん坊通信】野ぜり

◇金沢近郊の野ぜり採り

雪が解けたばかりです

野ぜり採り


雪が解けて春らしくなったので
つい行っちゃいました。

「野ぜり」は、胡麻和えも、おいしいョ
ココから山の中に入って生きます。 小川の中に野ぜりが
山菜取りの名人と同行体験! こんな所で こんなに簡単に 「野ぜり」 が
まだ早かったのですが、あまりに天気が良かったので、3月24日・のぶチャンは、金沢近郊の夕日寺に山菜取りの名人とともに「野ぜり」を採りに行ってきました。金沢の真中から車で僅か15分の所に、人っ子1人いない別世界が広がっていました。

■ 金沢から15分の穴場

山菜取りの名人 「のぶチャン、ヒマそうだね。」
        「店がヒマなら山菜でも採りに行こうか?」
のぶチャン 「ワラビでも採れるの?」
山菜名人   「ワラビは早いけど、野ぜりならあるぜ!」
のぶチャン 「おひたしにするとうまいよネ。 」
        「胡麻和えもうまいネ。」
山菜名人 「昨日、天麩羅にしたらおいしくてネ。」
     「お客さんに出さないで全部自分の家で食べたョ。」
     (名人は、市内で割烹店を経営しているのです。)
のぶチャン 「うん、うん、 (妙な納得の仕方)」
       「ゴク!(ノドの鳴る音)」
          「でも、遠い所までは行けないヨ」
山菜名人    「俺だって仕事だから、すぐ近くや。」
          「夕日寺。」

のぶチャン   「という事は、往復で30分だから、
            何時間ぐらい?」
山菜名人    「4時前に自分の店へ来れば、帰ってきて、
           5時の店のオープンには間に合うナ〜。」
のぶチャン   「いいね〜。 じゃ、
          3時半に名人の店に集合!」
山菜名人    「OK!」

      てな訳で、「野ぜり採り」が始まりました。

夕日寺の公園の中をどんどん
奥の方に入っていくと
原野のような所を、もっと奥へ!
3時半に名人の店の前に着いた「のぶチャン」は、名人と共に、「ちがう!」(名人オコッて、)、名人のかばん持ちならぬ 「カゴ持ち」 をして(ソウソウ)、夕日寺の自然公園の中を奥へ奥へと入っていきました。

みなさん! これは内緒ですヨ。     本当は採取禁止なんですから。
ただ、何処までが禁止で、何処からが合法なのかの境目が難しいのですから。


この薔薇科の植物のトゲで
ズボンが一枚穴が開きました。

フキノトウです。
これ位なら食べれます。
咲きすぎですネ。
アザミ

きれいな野セリを選ります これくらい大きいと食べてもおいしい
これも食べれます。
名前は、忘れました。
名人! 置いてかないで!

今日採ってきた山菜を洗って掃除しています。
これが採るよりも時間がかかりました。もう〜、大変!


きれいに洗いましょう
これは、野ぜり あさつき フキノトウも入れて盛り合わせ

天然・自生の葉ワサビ「せんな」はコチラ!


美味しん坊通信トップへ